Voyage of the moon

skyrim web site.

いや~びっくりしたよ…

 

※今回、この女性に関してはカットします。

いやー、思えばSGに飽きたあの日から、Fair、La(e?)yenda、Pure、Real Girl…これらを混ぜて【さあ! 俺のカスタマイズスキン完成!(※三枚目)

用事サボって丸々3日以上、がんばりましたー! mod作者さんありがとう! 絶対配布しないししばらくこれでいくわー。えへへー】と馬鹿してたら…いつの間にか、もんのすごい肌スキンが出てたんですね……(´;ω;`)

 

Real Women of Skyrim – Texture Overhaul CBBE UNP

(※R18 Nexusへのリンクとなります)

まあ確かに好みは別れます!

駄目な人は駄目だと思います。でも私は一発目何も加工せずに導入し、確認してみました。そして、このmodにある種の戦慄をおぼえました。Sample画像を見て、まず一言

 

【こりゃー、SGを越えたたいへんなmodが出たぞ…】

 

 

僕がSkyrimを初めてプレイしたのが2012年あたり。

当時、ちょうど私が初めたその日あたりに、旧SGがNexusから消えて…、中華やロシアなど色んなサイトを駆け回ってまで探しましたが自力では見つからなかったというくらいレアなmodでした。こちらもまた、データベースの画像を見て【うわー! 絶対ほしい!】と唸ってたのが記憶に新しいものです…。ちなみに当時は一番古いFair skinを使ってましたが、こちらも半年後あたりに、一時撤退されたのでUnvisionとUNP本体についているbody skinだったかな、それ使ってました。

 

今では色んな肌modが出ててすごいですよね!日本ではPureとFairが覇権スキンのような気がします。あくまで個人的に、ですけどね!

 

中にはそのままだと首と身体の境目ガー!ということで、こだわる方もこだわってブレンドしますし…。私もそういう人のハズだったんですけどねえ…(´;ω;`)僕は人気のスキンテクスチャをそのまま使うのをためらう人なのと、確かにこのままだと名無し娘が老けすぎる感が否めないので、今回もブレンドする事にしました。

 

ただ、ここでもまためっちゃ悔しいことに、ほとんど修正がいらないくらい完成されてるんですよね……!

レイヤーもほら、一枚ありますけど(右上)、これ、使ってないんですわ…。

単純に修復ブラシをぽんぽんしただけ…ええええええ…。今までは他のスキンから唇や瞳をコピペしたりしてめっちゃ苦労してたのよ……。

 

 

僕はアニメチックやイラスト、絵画チックなお顔ももちろん好きなのですが、自分がつくると悲惨すぎるのです…(本気で かわいくない!)。そして、求めてたのはこういうリアルさなので、もう本当に歓喜! でも加工後はちょっと甘くしてみました(三枚目)。(※ノーマルマップとスペキュラはPure・Leyendaを参考・お借りしました)

 

それからキャラメイクも微調整!

 

以前に比べたら、肌スキンのおかげで見れるようになったと思います。いんやー……本当にすごいmodが出ましたねえ…。開いた口がしばらく塞がりませんでした。

絶賛ばかりしてますが、スキン自体に一箇所不具合が…。それは、瞳を閉じた時にまつげをテクスチャに直接描写しているのか、テクスチャが破綻しておりました。ただ…それを抜かすカスタマイズはたった二、三時間で終わりました。以前は十時間以上かかったのよ…。ほんとすげーmodだわ……。

これからのUpdateが楽しみなMODです。フォロワーにも早速あてました。

 

 

 

 

これは丸太娘につづいて、名無し娘も早見表つくれるかな…?

きょうはおしまい!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

nineteen − two =

© 2018 Voyage of the moon

テーマの著者 Anders Norén